ストレスから「体を助ける」「体を守る」レンズ


 

プロテクトレンズとは?

 

一般的に行われてるピントの合ったはっきり見えるレンズとは違って、当然ピントを合わせはっきり見えるようにもしますが、さらに両眼視機能検査を取り入れた眼・心・体・統合検査法(田村知則先生考案)により「見方のクセ」「眼と体のつながり」を考慮したしくみを入れたレンズのことを言います。

プロテクトレンズは、パソコン・スマートフォン・読書・手芸・デスクワークなどの近方作業に使用していただきます。老眼の人はもちろんですが、遠方視力の良い人、近視の人、お子様の読書用・勉強用・ゲーム用としても使用していただけます。またコンタクトを装用している場合は、装用している上からでも使用していただけます。

 

プロテクトレンズを使用することにより近方作業から起こる「疲れ目」「首・肩・背中のコリ」「頭痛」「イライラ」「眼痛」「ドライアイ」などの軽減、集中力・持続力などを助けます。

 

注)一般的に言われてるPCメガネ、ブルーカットメガネなどのまぶしさを疲れの原因と考えたメガネとは全く別のしくみのメガネです。


このような方におすすめします。

  • パソコン・スマートフォン・読書・手芸・デスクワークなどの近方作業で「疲れる」「疲れ目」「首・肩・背中のコリ」「頭痛」「イライラ」「眼痛」「ドライアイ」などなどある方。
  • 文字をスラスラ読めない。
  • 文字を読み直したり、行を読み間違える。
  • 文字を読むと眠たくなる。
  • 集中力が続かない。
  • 針に糸が通りにくい。
  • コンタクトレンズ使用でデスクワーク・近方作業がつらい。
  • パソコン、スマートフォンをはじめてから視力低下が起こった。
  • レーシック手術をしたのにまた遠方視力が低下した。
  • 文字の読み書き学習への集中が苦手なお子様。
  • 近視の軽減(近視の進行を遅らせる)

ご来店いただき、体験していただくこともできます。

お気軽に御相談下さい。

ご予約、お問い合わせはこちらまで

☎06-6708-5123